穀物用ハーベスターの使い方とメンテナンス

バインダーや小型のハーベスターはコンバインの入らない小さな棚田でまだ活躍しています。ハーベスターは稲や麦に限らず蕎麦(ソバ)なども脱穀することができます。今回はハーベスターの使い方とその注意事項について私の経験から述べてみたいと思います。

私が子供の頃の米作農家では、秋になると手作業でのこぎり鎌を使って稲刈りをしていました。そして稲の束をハゼに掛けて自然乾燥をして脱穀機で脱穀作業をしていました。

それが次には、 バインダー楽天 で稲刈りと束が同時にできるようになりました。そして、稲架掛けをして乾燥した後の脱穀にはハーベスターを使うようになりました。

小型ハーベスターの各部の名称

ハーベスターの写真とその構造

これは私が使っていた穀物用の小型ハーベスターです。一般的にハーベスターは米や麦の脱穀に使いますが、胴の回転速度や投入量などを調整すれば、蕎麦(ソバ)などの脱穀にも使えます。

現在、私は稲の収穫全てにコンバインで作業を行っていますのでこのハーベスターは使っていません。使わないので今は手放してしまっています。

この写真のように稲を稲架掛け(はざかけ)にして乾燥した束を稲ワラ投入口より穂先側を脱穀胴の中に投入します。稲束の手前は稲束送り機構で脱穀されながら排出側に送られます。脱穀された稲の束は藁排出機構によりこの写真の左側に排出されて下に落ちます。

脱穀胴で脱穀された籾は選別されて籾袋に排出されます。籾以外のゴミは前部のゴミ排出口より排出されるようになっています。

ハーベスターは走行しながらでも脱穀をすることが可能なので、稲架掛けに沿って移動しながら作業ができます。

ハーベスターの使い方(脱穀方法)

まず、ハーベスターを使えるように組み立てます。稲ワラ投入口や藁排出機構やゴミ排出口や籾袋受けなどの組み立てをします。そして、籾袋受けの上に籾袋を10枚程セットします。

エンジンを始動させて暖機運転をしたら、運転レバーを脱穀の位置に入れます。次に脱穀する穀物に適した胴の回転速度になるようにエンジンのスロットルを調整します。無負荷運転の時は定められた速度より少しエンジンの回転速度を上げておきます。

稲の束の穂先を胴の中に入れて、手元側を藁送り機構に食わせます。この時、手先が機械に巻き込まれないように注意します。脱穀が正常にできるか、籾は異常なく回収されているか、ゴミと藁は正常に排出されているかどうかを確認します。

エンジンを始動する前の始業点検方法

ガソリンエンジンの始動と停止方法

走行の仕方

脱穀の仕方

ハーベスターを使う時の注意とメンテナンス

その他にも各部を点検して、使用中に気が付いた所や不具合な所は、今年の場合に限らず来年の為にも修理しておきます。