トリプルホビーグラインダーの特徴と使い方

トリプルホビーグラインダーとして市販されている製品は比較的安価で多機能です。金属などを削ったり、表面を磨いたり、刃物を研いだりすることができます。ルーターとしても使えますので趣味で様々な加工をする場合には重宝します。

トリプルホビーグラインダーE-5080の特徴

トリプルホビーグラインダーE-5080の写真

この写真は私が使っているトリプルホビーグラインダー(E-5080)です。比較的安価で、金属などを削ったり、材料の表面を磨いたり、刃物を研いだりすることができます。

ルーターとしてプリント基板の穴開け加工やプリント箔の切断加工や木や石や陶磁器やガラスの彫刻にも使えます。

速度調整つまみが付いているので、0~8000rpmの範囲で用途に応じてモーターの回転数を最適に変えることができます。

ルーター部の全長は約1mで、ルーターのビット軸はΦ2.35mmです。買った時に標準で19種類の先端ビットが付属しています。

グラインダーとして使用

グラインダーとして刃物を研ぐ用途に使う時は、切削砥石などを使って、モーターの回転数を下げて使うと、刃物の温度が上がり過ぎることがないので良いでしょう。鎌や包丁やハサミなどの刃を研ぐことが可能です。

研磨に使う時は、磨き用のファイバーホイールなどを使って、金属の艶出しや錆び落としに使うことができます。

トリプルホビーグラインダーをルーターとして使用

トリプルホビーグラインダーE-5080をルーターとして使用して表札を製作

この写真はトリプルホビーグラインダーE-5080を ルーター楽天 として使用して木製の表札を製作している写真です。

ビットには木工用のものを使っています。回転数を上げることであまり力を入れなくても簡単に彫刻することができます。

ビットには木工用の他、ダイヤモンドビットや砥石やナイロンブラシやワイヤーブラシなどを使うことができますので、多彩な材料(ガラス、石、金属、木など)の加工が可能です。

ガラスに絵を描くガラスアートなどの用途にも使えるし、石を使った表札の文字入れもできます。

使用上の注意事項

トリプルホビーグラインダーを使う時は、取り扱い説明書をよく読み、安全に気をつけて使ってください。特に保護メガネやマスクは必ず着用してください。

モーターが小型なので、連続使用時間が決められています。20分~30分使ったら休ませながら使ってください。