カワムツ

カワムツは、コイ目、コイ科の淡水魚です。鯉やフナに比べると前後に細長い体型をしています。背中は黄褐色で体の側面には太い紺色の縦帯があります。私が子供の頃、近くの川で魚を採って遊んだのを思い出します。この時の魚は主にカワムツでした。これをハヤと呼んでいました。

カワムツの特徴

カワムツ
学名 Zacco temminckii
別名 ハヤ、ハエ、アカバエ、ヤマソ、モト、ムツ、モツ、ブト
目、科 コイ目、コイ科の淡水魚
分布 西日本と東アジア
姿 鯉やフナに比べて前後に細長い体型をしている
背中は黄褐色で体の側面には太い紺色の縦帯がある
体長 全長は約10〜15cm、オスがメスより大きい
特徴 若魚やメスは体側から腹部にかけて銀白色
成体のオスは喉から腹にかけてが赤いのが特徴
利用 オイカワと同じように甘露煮や唐揚げなどにすると美味しい
その他 清流で水流が緩い所を好みます

カワムツの写真

カワムツの写真

オイカワとカワムツは非常によく似ています。この魚は体の黒い線が明瞭なのでカワムツです。

矢掛の田舎の近くの川にたくさん居ます。子供の頃よく魚取りでこれを取りました。

これは矢掛の郷土美術館のミニ 水族館楽天 で撮影しました。
撮影 2002.01.20