網戸の張り替え方法

網戸の網を張り替えるには、コツ(裏技)を覚えれば素人で(DIYで)やってもうまく張ることができます。あらかじめ、網の周囲の何箇所かを古いゴムビートやクリップなどで止めておくのと張る順番がコツです。これをしないと網戸を綺麗に張ることができません。

網戸をサッシから外して古い網戸の網を取り外す

まず、網戸をアルミサッシから取り外します。網戸の上の両端に、網戸の外れ止めがあるので、このネジを緩めて網戸を上に寄せると下から外すことができます。

次に、網を止めているゴムビートと呼ばれる網押えゴムを取り外します。そうすると網は簡単に外れます。ゴムビートは千枚通しのようなもので突いてゴムを引っ張って外すと良いでしょう。

網を外したら網戸全体を綺麗に掃除します。特にサッシの溝の中にも異物が残らないようにしてください。汚れがひどい場合は水洗いしても良いでしょう。

網戸の上に網を置いて隅を張る

網戸の枠より5~10cm大きめの網を網戸の上にかぶせます。まず、隅の部分からこの写真のように新しいゴムビート(網押えゴム)を専用の 網戸ローラー楽天 を使って溝に入れていきます。

次に網の目と溝とが揃うように各コーナーに近い部分に古いゴムビートやクリップなどで網を何箇所か仮止めします。これはとても重要な作業になります。

これをしないで網を引っ張りながらゴムビートを取り付けていくと、網が次第に横にずれていきます。

一度溝に取り付けた網を、やり直した場合は、シワができてあまり綺麗には取り付けができませんので注意してください。

直線部分とコーナーの網を張る

網を張る作業は、主に直線部分です。網を少し引っ張りながらゴムビートをローラーで入れていきますが、網を引っ張り過ぎないようにしてください。

ローラーの向きはローラーの外形が大きい方を内側にすると、ピンと張ることができます。

うまくピンと張ろうと引っ張り過ぎると、網がずれていく原因になります。ちょっと軽く引っ張る程度で良いと思います。

コーナー部分の網を張るには、仮止めのゴムを外しながら網を斜めに引っ張って、シワができないようにしてください。

全ての外周のゴムを溝に入れたら終了です。シワができている部分があればその部分のゴムを浮かしながら網を引っ張ってください。

網を上手に綺麗に取り付けるには順番が大切です(コツ、裏技)

網は網戸を右回り又は左回りに取り付ける(張る)のではなく、長手方向の片側を張ったら、次に反対側の長手側を張るとうまく網がずれないで美しく張ることができます。最後に短い側の網を取り付けるようにします。

残った網を切り取る

網戸からはみ出た網は、カッターナイフかハサミで切り取ります。この時、あまり短くカットしないようにしてください。短くし過ぎると長年の間に網がサッシから外れる原因になります。

見栄えを重視すると、短くした方が良いのでしょうが、少し網を残すようにカットしてください。網戸が長持ちします。

また、この時、張った方の網に傷を付けないようにカッターの刃先に注意してください。不用意に刃先が当たると簡単に切れてしまいます。

網戸のサッシへの取り付け方

出来上がった網戸をアルミサッシに取り付けるには、網戸の上の溝をはめてから全体を上に寄せて、下のレールに戸車をはめます。

次に網戸の上の両側に、ハズレ止めがあるので、これを上に適度にスライドさせてから、ネジをドライバーで締め付けます。

これは、あまり強く上に押し付けると、スムーズに網戸が動かなくなることがあるので、網戸を左右に動かして、スムーズに動くことを確認しながら調整します。

また、網戸を持ち上げても簡単に外れない事を確認してください。これは、高層住宅では、安全の為に特に重要です。

注意事項

網の大きさは網戸のサッシのゴムビートを入れる溝部分から少なくとも3cm以上はみ出すように張っていきましょう。この余裕が少ないと綺麗に張ることが難しくなります。

網の目と溝とが揃うように各コーナーに近い部分に古いゴムビートやクリップなどで網を何箇所か仮止めするか、長手方向の両側を先に張ってから残りを張ります。

これをしておかないと、網がずれていくことがあります。これはとても重要な事です。