粘着スズメバチ捕獲器の製作

養蜂でスズメバチの攻撃からミツバチを守るには、スズメバチを捕獲する必要があります。虫取り網の代わりに粘着スズメバチ捕獲器を作ってみましたので紹介します。虫取り網よりも簡単で安全に捕獲できるのを確認しました。

粘着スズメバチ捕獲器の必要性(虫取り網ではダメか)

粘着スズメバチ捕獲器の作り方(粘着ネズミ取りを棒に取付)

日本ミツバチや西洋ミツバチを飼っていると、9月から10月頃の秋になると、 スズメバチ楽天 がミツバチの巣箱を攻撃して来ます。これを防ぐ為には、スズメバチを生きたまま捕獲する必要があります。そして、別に設置した、 スズメバチ捕獲用粘着板 にスズメバチを移動させます。

今まで、私は、100円ショップで売っている虫取り網を使ってスズメバチを捕獲していました。

虫取り網では、捕獲はできても生きたまま別の粘着シートに移すのは簡単ではありません。また、何匹も同時に捕獲するのは困難です。私はオオスズメバチを4匹同時に網で捕獲していたら逃げられた1匹に刺されてしまいました。

粘着スズメバチ捕獲器の作り方(粘着ネズミ取りを棒の先に取付)

粘着スズメバチ捕獲器(道具)の作り方は、まず、この上の写真のように、100円ショップで売っている粘着ネズミ取りの板を、長さ約1~1.5mの棒の先に小さいコーススレッドビス2本で取り付けます。

たったこれだけで、粘着スズメバチ捕獲器の完成です。構造が簡単で使いやすいのが良いところです。

粘着スズメバチ捕獲器(粘着ネズミ取りを半分に折って使う)

粘着スズメバチ捕獲器(粘着ネズミ取りを半分に折って使う)

粘着スズメバチ捕獲器の使い方は、この写真のように粘着面が表面に来るように半分に折って、洗濯バサミで止めて使います。

これを虫取り網と同じように振り回してスズメバチに当てるだけで簡単に捕獲できます。

両側の面に粘着部があるので、方向を考える必要はありません。飛んでいるスズメバチに当てるだけです。

粘着スズメバチ捕獲器(粘着ネズミ取りを畳んで収納)

粘着スズメバチ捕獲器(粘着ネズミ取りを畳んで収納)

使わない時は、粘着部にゴミが付いたりすることがあるので、粘着面が内側になるように粘着ネズミ捕りを折り曲げて、洗濯バサミで止めておきます。

このまま、雨の掛からないところに置いておけば、粘着面を裏返して外側に出すだけですぐに使えます。

私はスレート板を屋根代わりにして、蜂の巣箱の近くにいつも置いています。

もし、スズメバチに刺された時の処置

もし、スズメバチに刺されてしまったら、すぐに、インセクト ポイズンリムーバー楽天 やThe Extractorなどの応急用毒吸い取り器で、刺された所から蜂の毒を吸引してください。

そして、できるだけ早く病院などに行って診察を受けてください。人によってはアナフィラキシーショックで死亡することがあります。

私は、腕をスズメバチに刺された時、あまり痛くなかったので、大したことは無いと思っていましたが、すぐにインセクトポイズンリムーバーで蜂毒を吸引しました。

でも、何時間か後には腕がパンパンに腫れてしまいました。蜂毒はとても強力なようですので、特に気を付けてください。