西洋ミツバチ飼育開始と巣箱変更

日本ミツバチを飼っていると、西洋ミツバチの分蜂群が飛来して来ました。日本ミツバチを追い出して重箱式の巣箱に入ったので、巣箱を西洋蜜蜂の管理し易いラングストロス式の巣箱に変更することにしました。その方法を紹介します。

西洋ミツバチの分蜂群が日本ミツバチの巣箱へ飛来

飛来した西洋ミツバチの分蜂群

2016年5月7日に日本ミツバチの重箱式 巣箱楽天 に西洋ミツバチの分蜂群が飛来してきました。そして、日本ミツバチを追い出して、巣箱を占拠してしまいました。

元々、この巣箱の日本ミツバチは弱小群でしたが、巣は大きくて巣の高さは約70cmに達していました。

そこに、西洋ミツバチが入って来たので、瞬く間に占拠されたものと思われます。西洋ミツバチの分蜂群は勢力が強くて大きな群と思われました。

私も長年日本ミツバチを飼っていますが、西洋ミツバチを間近で見るのは初めてです。

西洋ミツバチの飼育開始と巣箱の用意

西洋ミツバチ用ラングストロス式巣箱の用意

西洋蜜蜂を日本蜜蜂の巣箱で飼うには管理ができそうにないので、何とかして西洋ミツバチ用の巣箱に蜂を移動させる必要があります。

その為には、まず、西洋ミツバチ用のラングストロス式又は、ホフマン式巣箱を用意する必要があります。

この巣箱は岡山市のスロー人さんから頂いたものです。これに巣礎を付けた巣枠を10枚急きょ用意しました。

西洋ミツバチ用巣箱の蓋に26cm角の穴を開ける

西洋ミツバチ用巣箱の蓋に26cm角の穴を開けて補強

ラングストロス式の巣箱の蓋に26cm角の穴を開けて、その上にSPF材の2x4インチの木で補強をしました。

この上に日本ミツバチ用の重箱式巣箱を重ねて、西洋蜜蜂用のラングストロス式の巣箱に巣を作らせる作戦です。

西洋ミツバチ用巣箱の上に日本ミツバチ用巣箱を重ねる

西洋ミツバチ用巣箱の上に日本ミツバチ用巣箱を重ねる

この写真が、ラングストロス式の巣箱の上に西洋蜜蜂が入った重箱式巣箱を重ねたものです。これらの事をするには、西洋ミツバチをおとなしくさせる為に、燻煙器を必ず使うようにします。

この後、日本ミツバチ用の巣箱は上から順番に何日もかけて解体していく予定です。

巣箱を変更してから、西洋ミツバチ達は、最初はなかなか出入り口を見つけられずにうろうろしていました。出入り口のすぐ前に以前使っていた重箱式の出入り口をしばらく置いてやりました。

そのうちに、段々と巣箱の出入り口がわかったようですが、1時間くらいは必要でした。その間は大混乱でした。この作業には燻煙器が必須でした。やはり、日本ミツバチとは全く性質が違います。

前のページ 西洋ミツバチの分蜂群が飛来し巣箱を占拠