草刈機(刈払機)の使い方とメンテナンス

草刈機の使い方やメンテナンスが悪いと、いざ草刈機を使う時にすぐに使えないことがあります。エンジンのかけ方はプライマリーポンプを数回押した後、スターター紐をエンジンの爆発音がするまで数回引きます。一般的な草刈機の使い方とメンテナンスの方法を私の経験から解説します。

中山間部の農家では年間の仕事のうち、草刈りに掛ける時間がとても多く、草刈り機(草刈機、刈払機)の性能でその能率が左右されるものです。一年の内には、同一箇所の草刈りが数回必要なこともあり、冬以外は年中草刈りをしていると言っても過言ではありません。

草刈機(刈払機)の特徴

私が子供の頃は、草刈機のような便利な物は無くて、全て草刈り鎌で手作業でした。今は草刈機という便利なものがあり、昔とは能率が何倍も違います。私は草刈りが上手い方ではありませんが、長年草刈りをしてきた中で、気がついた点を述べてみたいと思います。

草刈機(刈払機)の各部の名称と使い方

草刈機(刈払機)各部の名称 この写真は私が使っている刈払機です。メーカーはあまり気にしたことがありません。というのは私は刈払機を買ったことがないのです。

実は父が刈払機の調子が悪くなると、それを直さないで、いつも新品を買ってくるからです。

エンジンは2サイクルの物と4サイクルの物があります。安いのは2サイクルですが、 4サイクル楽天 の方がガソリンを食わないようです。

エンジン(排気量約20〜49cc)からメインパイプを通ってその先に刈刃が付いています。刈刃の手前には、元々飛散保護カバーが付いていたのですが、このカバーがあると長い草を刈る時に、草が巻きついてとても能率が落ちるので、カバーは取り払っています。

エンジンからメインパイプ間には自動遠心クラッチが付いていて、エンジンの回転を落とすと自動的に刃の回転が止まります。

メインパイプの途中に全体を吊り下げる肩掛バンドがあります。また、その前には両手で支えるハンドルがあります。両手ハンドルの無い機種もありますが、長時間の作業では両手を使わないと疲れてしまいます。

肩掛バンドと両手ハンドルの位置は体格によって変わりますので、使ってみて使いやすい位置に調整します。

2サイクルエンジンのかけ方

草刈機(刈払機)の刃の交換方法

チップソーの刃先の比較 草刈機の刃の交換

前の写真は刈払機に使っている チップソー楽天 (直径230mmと255mmがあります)の刃先の拡大写真です。新品と、切れ味の落ちた刃先の比較です。このようになると無理やり草を引きちぎっているので、とても作業の能率が落ちます。また、燃料の消費量も増えます。早めに刃を交換します。

後ろの写真は刈払機の刃を専用工具で交換しているところです。刈刃を止めているネジは左ネジ(対辺13mm)なので、写真のように右回転してネジを外します。この時、刃先を地面に押し付けて刃が回転しないようにします。刃にはけっして触らないようにします。(カッター軸を固定する穴から六角レンチ等の細長い工具を当たるところまで入れてやり、刃を回しながら六角レンチを更に奥に入れてカッター軸を固定してやっても良い。)

刈刃の下にはおわんを伏せたような物がありますが、これは刈刃を地面に押し付けても刃が地面に付かないようにする物です。とても便利ですので、必ず取り付けて作業をします。これが有るのと無いのでは長時間の作業では疲れ具合がとても違います。

刈払機の刈刃にはチップソーのように刃を研ぐ必要のないものと、2〜8枚の刃がある刃を研ぐ必要のあるものとがあります。刃を研ぐものでは、使っているうちに刃の磨耗で刃の重心が移動して、回転で振動が激しくなることがあります。

チップソーの直径とエンジンのパワーと仕事の能率の関係

一般的なチップソーには直径230mmの物と255mmの物とがあります。エンジン式のものではどちらでも使える場合が多いのですが、エンジンのパワーが小さい草刈機(排気量20〜25CC)では、直径の小さい物を使う方が良いでしょう。また、草が太く硬くて草丈が長い場合や、竹や木を刈る時は直径の小さい物を使います。

エンジンのパワーが大きい場合(排気量26〜45CC)や、柔らかい草を刈る時は、チップソーの直径が大きい方が能率良く刈ることができると思います。実際に刈ってみて決めるのが良いでしょう。

草刈機(刈払機)を使う時の注意とメンテナンス

ナイロンコードの特徴と使い方

ナイロンコードは、ナイロンカッターとも呼びます。ナイロンコードは、金属刃と違って柔らかい草は切れますが、固い草は切れません。ということは、石が多い所や障害物が多い所ではナイロンコードの方が有利です。

電気柵の下など何回も草刈りが必要で、短く草を刈る場合や、電気柵の支柱に傷を付けたくない場合は、ナイロンコードだとうまく刈ることができます。

逆に、ナイロンコードで硬い草や竹や木を刈ることは難しくなります。長い草の場合もナイロンコードでは作業が難しくなります。

ナイロンコードによる作業の場合は、金属刃に比べて小さい物が飛び散る確率がとても高くなります。防護するカバーは必須です。また、保護メガネも必須です。ズボンも厚手のものが良いと思います。

ナイロンコードの巻き方は、ナイロンカッターの説明書通りにしてください。本体にナイロンカッターを巻く方向が刻印されています。反対に巻いたらどうなるのか私は知りません。

ナイロンカッターを自動や半自動で繰り出す機構には、カッターの遠心力が必要です。ナイロンカッターが極端に短くなっていると、カッターの遠心力が小さいので、これを繰り出すことができません。ナイロンコードがあまり短くならない内に繰り出すのと、ある程度エンジンのパワーを上げておくのがコツです。

冬にナイロンコードを使用すると、ナイロンコードが寒さで硬くなり、切れやすいようです。夏には長持ちします。

ナイロンコードとエンジンのパワー

ナイロンコードで草刈りをする場合、エンジンの回転数を上げた方が能率よく刈れます。この為、エンジンのパワーは大きい方が良いと思います。草刈機のエンジンの排気量は25CC以上の方が良いでしょう。

ナイロンコードで草刈りをすると、草を刈るというよりも、草を粉々にするという感じになります。このことからもエンジンのパワーが必要なことがわかります。実際に使ってみてもガソリンをよく食うけれども、草刈りの能率が良いのも確かです。